木更津のピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈の、波瀾万丈な日常。

海とあさりとブルーベリーの町、千葉県木更津市のご当地ゆるキャラ目指してます。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
年末、風邪をひくの巻 :: 2010/12/31(Fri)

年末、「今年はお世話になりましたー」と言ったと思ったら、

あと3時間後には年越し、そして年始。「今年もよろしくお願いしますー」

なんて忙しい二日間なんだろう、大晦日と元旦。


そんな中、私はおとといから急に風邪をひき、寝込んでいました。

ノロウイルスなのかしら?

胃がひっくり返るかと思うくらい激しい嘔吐を一晩中繰り返し、死ぬ思いでした。その後、38度の高熱。

Twitterでつぶやいたら、「私もかかったよ!」という方がたくさんいましたね。

流行っているんだね。

漢方薬とアクエリアスでだいぶ善くなりました。

ありがとうございます。



2010年を振り返ろうかと思ったんだけど、自分の中ではもう十分に振り返った気がするので省略。

今浮かぶのは、ライブに来てくれた人たちの顔、音楽仲間たちの顔、再会した友達の顔、もう会えなくなってしまった人の顔…家族の顔。

それぞれが幸せな年末年始を過ごしていますように。




スポンサーサイト
  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
佐藤龍一さんとのコラボ『dula-dula』 :: 2010/12/27(Mon)

12/15(水)の新宿Golden Eggでの佐藤龍一さんとの共演です。
お客様が動画をupして下さったので載せます~
(ありがとうございました!)





  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
12/22(水)池ノ上ruinaライブレポート :: 2010/12/27(Mon)

昨日、保谷こもれびホールにて、ダンスサークルK's&M's POWERさんのコンサートに出演し、
2010年の歌い納めをしてきました。
ありがとうございました。
そちらのレポートも後ほど。


12/22(水)池ノ上ruinaは、コーラス・タキモティこと滝本亜由美をサポートに迎えてのデュオ編成でした。
タキモティと歌うのは実に2ヶ月ぶり。
それまでは一ヶ月に2~3回は会っていたので、これだけ間が空くとほんとうに寂しい。
2010年内にもう一度歌うことができて本当によかったです。

セットリストを書こうと思ったのですが、ほぼ思い出せませんでした(爆)
もしわかる方がいたらおしえていただけると嬉しいです。←ひどいね…
この日、対バンだったDarjilingさんとボンバードラミさんと一緒に、『サンタが町にやってくる』を大合唱したのが楽しかったです。クリスマス前だったので、みんなそれぞれクリスマスソング歌っていました。

ボンバードラミさんはピアノの弾き語り。ギターのタカスギケイさんと二人で出演されていました。
さらに、舞台の真ん中にどーんとおっきな真っ白いキャンバスが置かれ、


$ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-ライブペイント

ライブペイントのパフォーマンス!
こんな大きな絵が完成するライブペイントは初めて見ました。
最初、丸や三角、四角、そして線がまばらに描かれ、「宇宙?」と思ったのですが、
みるみるうちに花が咲き、うさぎは捕らえられ、最後には女の人の顔が。
私もタキモティも、口開いて見入ってました。


ボンバードラミ×タカスギケイ『ぽつぽつ~ほらね』

Dargilingさんとは青葉台でライブをした時に知り合い、ruinaにお誘いしました。
パワフルな歌唱力に乗せた真っ直ぐな歌詞。
「自分を守ってあげられるのは自分だけ」
そんなメッセージが今の自分とリンクして、曲を聴きながら心の中でひたすら頷いていました。
本番前は楽屋でおでん食べながらお話して、元気をいただきました。
"癒し"ってこういうことを言うのかもしれない。



ライブペイントを見て、サンドアートを思い出しました。
以前もこのブログに載せたことがありますが、再び紹介。


  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
とりあえずメリークリスマス! :: 2010/12/25(Sat)

Merry Christmasクリスマスツリー


2010年を振り返り、2011年のことを考えていたら、あっという間に2012年になって…

時間の加速を感じますね。


今日、ソロになってからのデモ音源やライブDVDを整理していました。

一昨年の9月、阿佐ヶ谷のNext Sundayでのソロ初ライブのDVDも発掘されました。

このときは、cana(きゃな)という名前でした。

わはは、今思うとちょっと恥ずかしい。もうすっかり松本佳奈が定着したからかな。


レコード会社の人に渡したデモ音源とか出てきて、ちょっと聴いてみたけど、

「ああ~~~~ドクロ」と叫び、急いで停止ボタンを押しました。


これを…渡していたのか…。




もうね、私の可能性を信じて、成長を見守ってくれている人達に、ただただ感謝です。

これを読んで下さっているあなたにもです。

ありがとうございます。

まだまだですが、これからも育ち続けます。



あの時はあれがベストだったんだよね。

2年後に今を振り返ったら同じような気持ちになるのかもしれない。


先日、1年振りくらいにライブを観てくれた方に、

「同じ曲を聴いているはずなのに、違うものに聴こえる。去年よりずっとよくなった。歌詞が聞こえるようになった。」

と言っていただきました。

嬉しかった。


私が自然体になればなるほどに、聴いている人の心にすっと入っていけるようになるのかもしれない。





  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
12/22(水)池ノ上ruinaライブ詳細&メルマガ送りました :: 2010/12/22(Wed)

当日になりましたが…


■12/22(水)
久々の池ノ上ruina通常ブッキングに参加です。

open19:00/start19:45
Charge ¥2,000(+1order)
出演:松本佳奈/ボンバードラミ&タカスギケイ/Darjiling

ボンバードラミさんは海外に住んでいたそうで、
Darjilingさんも英会話の講師をされているそうで、
私もちょっとだけ英会話スクールで働いていた(が、ほぼ喋れない…)ということで
なにやら国際的な夜になりそうです(私以外)


クリスマス間近なので、ちょっとしたプレゼント用意しようかなと思っていますプレゼントクリスマスツリーふぉふぉふぉ

コーラス・タキモティこと滝本亜由美が、二ヶ月ぶりに参加できることになりました。

ほんとうに久々のデュオ編成をお楽しみに!


 

先程、三ヶ月ぶりのメールマガジンを送信しました。

届いてないよーって方は下記ページの中段にメルマガ登録フォームがあるので、そちらから登録お願いします。↓


メールマガジン登録フォームはこちらのページの中段にあります





  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
12/19(日)chottosocomadeストレス発散Night!ライブレポート :: 2010/12/21(Tue)

皆既月食、楽しみにしていたのに、曇っていて見えず。
北海道でしか見れなかったそうです。
残念!


19日、日曜日。
2010年6月から月イチで始まった池ノ上ruinaでのストレス発散Night!も、今月で第6回。
Saiちゃんと私、そして最近は本職が忙しいためなかなかライブに出て来れないコーラス、タキモティこと滝本亜由美の三人で、お客さんに毎回お題を出し、書いてもらった事前アンケートに沿ってトークコーナーを進めていくという(もちろんライブもやります)この企画。

$ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog
(写真はTwitterでの@barruinaつぶやきより)

今回は、ストレス発散Night!と同じくruinaにて『chottosocomade』というイベントを主催しているPLUGGED LOVEと合同で、『chottosocomadeストレス発散Night!』と銘打ち、
お菓子を配ったり、ストレス発散Night!で毎回ゲストとセッションする『日曜日よりの使者』をPLUGGED LOVEによる豪華バンドバージョンでお送りするなど、盛りだくさんな一夜となりました。
来てくださった皆さま、ありがとうございました!


PLUGGED LOVE
は、
ボーカル&キーボードのみほちゃん
ギターの恭平くん
ベースの玉ちゃん
ドラムのボブ(日本人)こと飯島くん
の四人による素敵なバンド。
大学の同級生だそうで、とっても仲良し。

お馴染みSaiちゃん。

普段はサポートメンバーの演奏で歌っているSaiちゃん。
弾き語りが聴けるのは意外にもこのストレス発散Night!だけなんだそうです。
毎回ちょっとずつピアノアレンジが変わっていて、感心します。
声質も、ちょっと変わってきたような?
みんな日々変化しているんだなぁ。


$ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-チキン
チキンも。

そして今回、シーグラスや貝殻でランプを作っているお友達、R1eちゃんが遊びにきてくれました。
せっかくなのでランプを展示してもらいました。
$ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog
(写真はSaiちゃんのブログより)
注文も受け付けているそうです。
角度によって色や光がきらきら変化して、見るほどに惹きつけられます。
またライブの度に展示してもらいたいなぁ。


今回のお題は、『今までクリスマスに贈った、贈られたスっゴイプレゼント~今年の一大ニュース添え~』でした。
珍回答は後日紹介したいと思います~
今回もTwitterで参加して下さった方がいたり、新たな試みでUstream配信したのでそちらを聴いて下さった方がいたり…
私も聴いてみたかった(笑)



<セットリスト>
1.サンタが町にやってくる(クリスマスソング)
2.失恋
3.嘘つきと雨
4.ハリネズミ
5.Strings
6.昼下がり、旅に出る

何ヶ月ぶりかに『失恋』を歌いました。
サビの、「好きで~好きで~好きで~ほんとに好きだった~」という、
どんだけ好きなんだよと!突っ込みたくなるほど直球な歌詞は高校生の頃に書きました。わはは
『失恋』の後、
『嘘つきと雨』では、「失うことから始まるから大丈夫だよ」と歌い、
現在の自分から過去の自分へ、エールを送ったようなセットリストとなりました。


長くなったので次回へつづく

  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
セッション『この暗い時期にも』 :: 2010/12/18(Sat)

12/15のGolden Egg。
生田敬太郎さんの名曲『この暗い時期にも』の全員セッション動画を、参加者の方がYouTubeに上げてくださいました。ありがとうございます。

敬太郎さんがボーカル&ギター、佐藤龍一さんがギター&コーラス、
フォーク野郎さんと石井蒔さんがコーラス、私がピアノ&コーラスで参加しました。

熱い熱い、素晴らしいセッションでした。
私、下手くそだけど…
自信がないからって消極的なプレイをするのは嫌だったので、ガシガシ弾いてしまいました。
リズムが取れていない部分が多々あって恥ずかしいーーーー

でも、恥ずかしさっていうのは、青春だから爆弾
セッション苦手なのでって言って逃げてたらいつまで経ってもできるようにならないし、
この日、「できません」って言わずに思い切って参加したことで、セッションの面白さを肌で感じたし、熱気や感情の波・会場との一体感を味わい、視野がぐっと広がった気がします。

中盤のピアノソロ、後半のボーカルソロまでしっかり映っています。
私はへたくそですがー 悔しいですがーー
皆さん輝いています。
会場の熱気も伝わると思う。
ぜひ見てみて下さい。




  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
12/19(日)池ノ上ruina『Chottosocomadeストレス発散Night!』詳細 :: 2010/12/18(Sat)

寒い…雪

毎年思います。今からこんなに寒いなら、2月は一体どうなってしまうんだ…と。
私は冬を越せるんだろうか、と。
しかし毎年2月には、寒さより何より花粉に気を取られて右往左往している間に春が訪れるのでした。
今年中に花粉症対策考えよう。
年末ジャンボ宝くじが当たったら、花粉が飛んでいる間は沖縄に避難しようと思います。←嘘です


12/19、日曜日の夜はちょっと早めの18:30より、池ノ上ruinaにてストレス発散Night!です。
第六回ストレス発散Night!は、池ノ上ruinaにて月イチで『Chottosocomade』という企画イベントを主催しているPLUGGED LOVEとの合同Nightです。
今回のお題は、『今までクリスマスに贈った、贈られたスっゴイプレゼント~今年の一大ニュース添え~』です。
2010年の締めくくりにぜひいらしてください。
Twitter上での募集もしまーす
気軽に参加して下さいね。
残念ながらタキモティは今月も本職が多忙なため参加できません…悲しい。
タキモティ不在の間、私とSaiちゃんで頑張りますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。


■12/19(日)池ノ上ruina
chottosocomadeストレス発散Night!
¥2,000(+1drink)
open18:00/start18:30
18:30~19:00 PLUGGED LOVE
19:00~19:30 Sai
19:30~20:00 松本佳奈
20:00~21:00 トークタイム

トークお題
「今までクリスマスに贈った、贈られたスっゴイプレゼント~今年の一大ニュース添え~」
当日はTwitter上での募集も致します。18:00~20:30まで募集!ハッシュタグ#sthatsu
来れない方もぜひ参加してくださいね。

※ストレス発散Night!とは?
天然記念物シンガーソングライターSaiちゃん。
森の精霊 タキモティこと滝本亜由美、
そして私、松本佳奈がレギュラーメンバーで、毎回ゲストを呼んでライブ&トークする
『グータン』的な女子トークナイト。

6/22(火)に第一回が行われ、好評だったためシリーズ化しました。
お客さまに事前アンケートをお配りし、毎回違う『お題』に沿ってエピソードを書いてもらい、
ライブの最後にトークコーナーを設けお客さまのエピソードを紹介しつつトークをしていくという、お客さま参加型イベントです。

みなさまぜひいらしてくださいな。



<池ノ上 ruinaへのアクセス>
東京都世田谷区代沢2丁目45-9飛田ビルB1F右

池ノ上ruinaは、京王井の頭線で渋谷から3つ。 下北沢のお隣です。
(急行停まらないのでお気をつけあそばせ。 )
改札出て右奥のエレベーター降りた目の前のビル地下1階、右のお店です。

大きな地図で見る

  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
12/15(水)新宿Golden Eggライブレポート :: 2010/12/16(Thu)

寒い寒い、真冬のお天気でしたが、

新宿歌舞伎町の地下は熱い夜でした。

12/15(水)、佐藤龍一さん企画『リアルな歌が聴きたいんだベイベーSpecial』に出演してきました。

足を運んでくださった皆さま、ありがとうございます。

初めましての方も、聴いて下さりありがとうございました!


前半一時間はオープンマイク。

一人2~3曲ずつ、6組のアーティストさんによる弾き語り。


フォーク野郎さん

Yさん

石井蒔さん

林口 裕幸さん

行志堂さん

大友大地さん


それぞれの『リアルな歌』。

皆さん目がキラキラしていたのが印象的でした。

全身からメッセージを放っていた。

私もあんな目をして歌っているだろうか?


この日の出演者は私以外全員ギターの弾き語りでした。そしてハーモニカ。

でもそれぞれ全く違った。

あの、感情の波がぐわーっと押し寄せ、上り詰めた高揚感を楽器で表現できるって何て気持ちがいいんだろう。


後半は私、生田敬太郎さん、佐藤龍一さんによるステージ。

セッションがとにかく熱かった。

私も急遽ピアノやコーラスで参加することになり…

龍さんのステージでは『Sunny』を敬太郎さんと三人で。

そして念願の『B型ですけど何か?』にも加わり、『奇跡の夜』では会場が一体となり熱気に包まれていました。

最後は、敬太郎さんの『この暗い時期にも』を全員で歌い、私もまさかのピアノソロ。歌もソロ。

敬太郎さんと龍さん、そしてたくさんのアーティストさん、お客さんのパワーに引っ張ってもらって、

自分から聴いたこともないような声が出てきたことに驚きました。


自由が溢れていた。



人生は甘いものにせよ、苦いものにせよ。
好ましいものとして役立てよう。
(生田敬太郎『この暗い時期にも』)


セットリスト

1.海を見ていた午後(ex.松任谷由実)

2.dula-dula

3.ハリネズミ

4.Strings

5.昼下がり、旅に出る


『dula-dula』と『昼下がり、旅に出る』では龍さんにハーモニカで参加していただきました。

ブルージー!


数日前からピアノアレンジをがらりと変えようと模索していて、

この日はいろいろ試してみましたっ!という感じでした。

年末にかけてはもっと崩すかも。

作り上げてきたものを一旦壊して、幅を広げたいなと思っているのです。







  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
12/15(水)新宿Golden Egg 最終告知 :: 2010/12/15(Wed)

出演時間を記載しました。
最終告知です。
お待ちしています!

■12/15(水)
新宿 Golden Egg
(03-3203-0405)
18:30開場 19:00開演
龍Presents
【リアルな歌が聴きたいんだベイベー Special】
出演:佐藤龍一・生田敬太郎・松本佳奈
Open Mic:行志堂・フォーク野郎 他
新宿区歌舞伎町1-16-10 B2F
¥2,000+オーダー

19:00~20:00 Open Mic(20分ずつ5組のゲストによるステージ)
20:10~20:40 松本佳奈
20:50~21:20 生田敬太郎
21:30~22:00 佐藤龍一



大きな地図で見る

  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
12/15(水)新宿Golden Egg『リアルな歌が聴きたいんだベイベー』ライブ詳細 :: 2010/12/13(Mon)

■12/15(水)
新宿 Golden Egg
(03-3203-0405)
18:30開場 19:00開演
龍Presents
【リアルな歌が聴きたいんだベイベー Special】
出演:佐藤龍一生田敬太郎・松本佳奈
Open Mic:行志堂・フォーク野郎 他
新宿区歌舞伎町1-16-10 B2F
¥2,000+オーダー

佐藤龍一さんの企画イベントに参加します。
熱い熱い夜になること間違いなしです。
生田敬太郎さん、お名前は知っていましたが、お会いするのは初めて。どきどき。
セッションもありますのでお見逃しなく!
大先輩に囲まれて冷や汗をかいている私をぜひ応援しにきてください(;´Д`)ノ



佐藤龍一さん『奇跡の夜』
【佐藤龍一】
1952 千葉県船橋にて生まれる
1972~ エレックレコードと契約、龍+1としてデビュー。
竜とかおる、龍名義でアルバム2枚、シングル4枚を発表
1976 インドへ。以後アジア・ヨーロッパ・アメリカなど世界30ヶ国を放浪。
1982~ 作詞・作曲家として楽曲提供、サポートギタリスト
1985~ ゲームなどのサウンドトラック制作
2001~ 日本工学院芸術学部非常勤講師
2007~ ステージ活動再開。ソロの他、cuebock、The ElecTrix、
Super Soul Dynaman Brothersのメンバーとして活動
2008 11月、アルバム「LOST & FOUND」(SOUNDforte)発売
2009 年間126本のライブ
2010 5月、風に吹かれてにてライブシリーズ「リアルな歌が聴きたいんだベイベー」開始
9月、沖縄・宮古島ツアー 11月、唄の市2010主催 年間104本のライブ
公式ホームページより引用




生田敬太郎さん『君亡き自由』
【生田敬太郎】
1971年、「この暗い時期にも」でデビュー。
当初目指していたのがスワンプ・ロッカー、トニー・ジョー・ホワイトというところから、
凡百のフォーク・シンガーとの違いを見せていた。
1972年、三保敬太郎プロデュースのセカンドアルバム「24+37」をリリース。
1974年、「風の架け橋」でそのソウルフルなスタイルが完成を見せる。
細野晴臣、林立夫、チャー、金子マリ、成瀬喜博という超豪華なゲスト陣を迎え、
情熱的な歌声とクールな視点を同居させた生田流のファンキー・ロックを創出。
池袋のウイルソン・ピケット、20年早かったジャパニーズ・レア・グルーヴとも称される。
1975年、テイチクレコードより「凱旋」、初のシングル『夢は戻り続く』をリリース。
当時、子供向けTV番組「ひらけ!ポンキッキ」で『およげ!たいやきくん』を歌い、人気上昇。
そのためレコード化へ。
ところが所属レコード会社が異なるとの問題で、レコードには子門真人を起用。
1976年、なぎら健壱が友人たちを集めてレコーディングしたライヴアルバムに、
タモリ、友部正人、高田渡、斉藤哲夫、渡辺勝、大塚まさじらと参加。
金子マリ&バックス・バーニー,坪田直子,池田典代,桑江知子らへ楽曲提供。
RCサクセションに仲井戸麗市と共に参加。生田敬太郎脱退後、RCは大ブレイク。
1980年、東京キッドブラザースの音楽監督を務める。
最近では、斎藤哲夫とアルバムを制作したり、元ピチカート・ファイヴの高浪敬太郎とライヴを行ったりと、ベテラン、若手に拘らないコラボレート活動に注目が集まる。
2008年、完全復活!33年ぶり渾身のオリジナルアルバム「息吹」を発表。
My Spaceより引用)



ご予約はこちらのフォームより。


新宿歌舞伎町のドンキホーテの真裏が入り口です。

大きな地図で見る

  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
心境 :: 2010/12/13(Mon)

12/11 木更津『じゃむ』ライブ


この日は私にとって、人生で忘れられない一日となりました。
うーん。何が忘れられないかはうまく言葉で言い表せない…。
かいつまんで書きます。


ひとつは、高校の頃、友達と話すときに感じていた違和感が和らいだこと。
これについてはまた書ける時にゆっくり書こうかな。
とにかく、壁を作らずに人と話しができる瞬間が増えたということです。

もうひとつは、実の父親が、家族を連れてライブを観に来てくれたこと。
当日は気を張っていたから冷静でしたが、日が経つごとに、じわじわと、実感が。
父と会うのは生まれて4回目くらい。
本当は小さい頃にもっと会っているらしいけど、記憶なし…


私、東京に出て音楽活動始めてから、ずっと、遠回りしてるって焦ってた。
事務所のオーディション受ければ詐欺だし、
パートナーが見つかったと思ったら解散するし、
ソロになってからも、とにかく音楽で食っていかなきゃ、仕事にしなきゃと思って、
安易に音楽関係の仕事に就いて、体力も技術も精神もついていかなくて人に迷惑かけたり。
不安をぶちまけるようなひどいライブをしたこともあった。
今でも、「何やってるんだ私は」って落ち込むことはたくさんある。

だけど、木更津でライブをしたときに、すべてが今日までの準備だったんだとわかった。
今日もまた、続いていく今日のための準備。

去年、同じことをやろうとしてもできなかった。
大きく違うのは、人間関係。
東京で築いてきた絆。
支えてくれる仲間。
高校の友達ともう一度向き合ってみようと思ったこと。
実の父親と、腹を割って話せるようになったこと。

痛い思いをして、自分を見つめ直すことで、人に相談できるようになったり、
助言を聞けるようになって、少しずつ少しずつ、周りとの関係が変わってきた。

遠回りじゃなかった、全部必要だった。
と、ひとつひとつ、実感できた日だったんです。12/11は。
そしてこの日、私にはちゃんと居場所があった。
それが嬉しかった。


ありがとう。
これからも歌い続けていきます。




  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
12/11(土)木更津『じゃむ』ライブレポート :: 2010/12/13(Mon)

12/11、よく晴れた土曜日。
地元、千葉県木更津市での初ライブでした。
お昼。
グランドピアノがあるおいしい沖縄料理屋さん『じゃむ』にて。

ちょっと風が冷たかったけど、陽射しはぽかぽか。
たくさんのお客さんが来てくれて、ホッ。
皆さん、ありがとうございます。

<セットリスト>
1.海を見ていた午後(ex.松任谷由実)
2.Big yellow taxi(ex.Joni Mitchell)
3.やさしさに包まれたなら(ex.松任谷由実)
4.愛のパレード
5.dula-dula
6.嘘つきと雨
7.Hello again~昔からある場所~(ex.MY LITTLE LOVER)
8.ハリネズミ
9.サンタが街にやってくる(童謡)
10.逢いにいくよ
11.How was your day?
12.Strings
13.昼下がり、旅に出る

アンコール
14.Top of the world(ex.The Carpenters)
15.How was your day?

w/Gt.&Cho.奥野裕介、Fl.斉藤綾香、
Sax.田口純子、Perc.鈴木裕一郎


基本はお馴染みギターの奥野さんとデュオ。
奥野さん、東京からの車酔いでリハでは顔面蒼白でしたが、本番はバッチリ。さすが兄さん。

『Hello again』と『Strings』は、フルート斉藤綾香と二人で。
『逢いにいくよ』、『How was~』は、サックス田口純子に入ってもらいました。
二人とも、高校時代、吹奏楽部で共に歩んだ親友です。
時を越えて、こういう形でまた一緒に演奏ができるのって貴重だなぁ。

フルートとはかなり綿密なリハを繰り返し、作り込みました。
人の声にいちばん近い音色の楽器だけあって、ハモる感覚での共演でした。
前に共演した時はこんな風に感じなかったので、ここ数年でアンテナが増えたのかも。

サックスの純子にはアドリブで参加してもらいました。
普段はクラシックの譜面を吹いているので、アドリブは初挑戦とのこと。応えてくれてありがとう。
池ノ上の近くに住んでいるとのことなので、今後ruinaでセッションする機会があるかも。
歌うように、ほんわかした音色を吹いてくれました。

パーカッションは無茶振りで裕一郎さんに…。
(ゆうさん、唐突でごめんなさい)
お客さんも手拍子や掛け声で参加してくれました。
『昼下がり、旅に出る』では全員でセッション。
そして恒例になりましたお客さんとの掛け合い大会。
女性陣、美声!
男性陣はちょっとシャイでしたね。
歌ってくれてありがとう~


演奏についてはこんな感じです。
心境については長くなったので次の記事へ。


  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
木更津ライブ終了! :: 2010/12/11(Sat)

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-101211_1731491.jpg

木更津でのライブ、おかげさまで無事終了しました。
来てくださった皆さま、ありがとうございました!

終わった後は東京ドイツ村観光ツアー。
まばゆーい
イルミネーショ~ン


ライブ、楽しんでいただけたでしょうか?
また詳しいレポートは後ほど。

  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
12/11(土)木更津・沖縄料理屋『じゃむ』 ライブ詳細 :: 2010/12/05(Sun)

こんばんは、ご無沙汰してます。松本佳奈です。
ふと気付いたら12月になってから5日も経っていた…

先月から通い始めた教習所も終盤に差し掛かっています。
再来週には免許、取れるかも!
もう路上を走っていますよ。

運転をするようになってから、変わりました。
視点というのかな?
自分は今まで、運転する人の立場に立ってものを考えたことがなかったんだということに気付いた。
今まで自分を乗せてくれていた人たちに対する謝罪と感謝。
ごめんなさい。
ありがとう。

1時間運転するだけであんなに疲れるなんて思ってもみなかった。
自分の時間を削って自分を送り届けようとしてくれている人の気持ちを半分もわかっていなかった。
そのことに気付いて、きゅっと気が引き締まりました。

3年くらい前に、大学時代の友達と吉祥寺でご飯を食べた帰りに、
彼女の彼が車で迎えに来て、私のことも送ってくれた。
「佳奈ちゃん、道わかる?」
「あー…たぶん、わかります」
正直、道はうろ覚えだったけど、走っていくうちになんとなく思い出すんじゃないかと思った。
「右です」
「左です」
「えーと、右です」
見覚えのある道を進んでいたけど、ある交差点でどっちに曲がればいいかわからなくなった。
「…うーん、たぶん、まだ真っ直ぐです」
しかし、進めど進めど、どんどん知らない道に入っていった。
そしてついに、真っ暗な空き地が現れ、行き止まりになった。
「なんで道わからないのにわかるって言ったの?」
友達の彼は私に怒った。
私は、今にして思えばなぜそんなことを言ったのかと思うけど、
きっと初対面の人を怒らせてしまって動揺し、なんとか場を和ませようとしたのだろう。
「あはは、すみません。ドライブしたかったんです。」
…と、言ってしまった。
彼はさらに怒り、無言で来た道を戻った。
あの車内の空気は忘れられない。


あ、書いてて気付いた。
運転できるから気持ちがわかる、できないからわからない、という問題じゃなかったな。
人が自分のために時間をくれることに対しての甘えがあったんだな。


明日、久しぶりにその子の家に遊びに行く。
彼女は彼と一緒に住んでいるので、もしかしたら3年振りに会うかもしれない。
今更だけど、すみませんでした と、手紙を書いていこうと思う。彼にも、彼女にも。

そう。
"人が自分のために時間をくれること"に対して、私は、もっと考えなくちゃいけない。
これはライブにも言えますね。
人との約束の時間を守る、ということについても。
私が抱えている問題は、違う場面で形を変えて現れるけど、もとを辿ればひとつなんだろう。

そして、"人が自分のために時間をくれる"ということは、
"自分が人のために時間を使う"のと同じこと。
私の時間は、私が管理しなくちゃ。
自分の時間を雑に扱っているから、人の時間も大切にできない。
自分を大切にしていないから、人を大切にできない。

そんなことが見えた、この一週間でした。
自分を大切にしよう。
栄養をあげよう。




mixiなどではおしらせしましたが、木更津での初ライブが決まりました。
完全予約制のため、こちらのフォームからの予約をお願い致します。
なんで予約制かっていうと、お弁当と飲み物付きのランチライブだからです。
場所は、私のお友達が働く沖縄料理屋、じゃむ。
なので、ランチはおいしい沖縄弁当です。

なんとお店にはグランドピアノがあり、定期的に本格的な沖縄音楽やジャズが楽しめるとのこと。
木更津駅からは徒歩40分と遠いので、送迎(要予約)を希望の方は前日までにこちらまで、「送迎希望」と明記の上、詳細をお問い合わせ下さい。


■12/11(土)
時間:open11:30/start12:00 約2時間のステージです。
チャージ:2,000円(沖縄弁当、1ドリンク付き)
場所:沖縄料理『じゃむ』

<バス>
木更津駅東口より真舟団地行き。
約10分。「陣屋下」下車
※木更津駅からの送迎あり。ご希望の方は前日までにこちらまでご相談下さい。

<車>
国道16号より真船団地方面 P駐車場20台分有り


千葉県木更津市真舟5-7-17 パレス1F
電話:0438-37-8923

大きな地図で見る

出演:松本佳奈
サポートギター:奥野裕介
フルート:斉藤綾香
サックス:田口純子

グランドピアノがある沖縄料理屋さんでランチ付きライブです。
母校である志学館高校のすぐそば。





  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
変化 :: 2010/12/01(Wed)

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-101201_1609531.jpg

変化しないものなんて一つもない。
誰も、一カ所に留まることはできない。

それはある時は絶望、ある時は希望。
大きな可能性。

喜びに留まることもできないけど、悲しみに留まることもできない。
だから、今がだめでも、大丈夫。

  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。