木更津のピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈の、波瀾万丈な日常。

海とあさりとブルーベリーの町、千葉県木更津市のご当地ゆるキャラ目指してます。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
9月のライブ予定 :: 2011/08/31(Wed)

どうも、松本佳奈です。

ホームページが消滅してしまった今、ライブのおしらせもメルマガもできず、
このブログとmixiとTwitterが頼みの綱です。
9月は大きなライブがみっつ。
初めて出るところばかり~


■9/1(木)恵比寿天窓Switch
『colors.』
出演者:松本佳奈/吉村かおり/KUMIKO/山池純矢(O.A.)
時間:18:30op/19:00st
料金:¥2,000(ドリンク別)

松本佳奈は二番目、19:30頃~の出演です。

ご予約はこちらからどうぞ


大きな地図で見る




■9/5(月)渋谷duo
open18:30/start19:00
前売2,500円/当日3,000円

出演
上坂リサ / trunk / hannah honeybee
FOOMIN / 松本佳奈

松本佳奈の出演は20:40~の予定。
ギターサポート奥野裕介、コーラスサポート滝本亜由美の三人編成での出演です。

ご予約についてはこちらのページにて詳細ご確認下さいませ。

珍しく、大きな大きな、ライブハウスです。


大きな地図で見る


■9/27(火)恵比寿天窓Switch
『essence.』
出演者:松本佳奈/ウワノソラーズ/シミズリエ
時間:18:00open/18:30start
料金:¥2,000(ド別)

松本佳奈は二番目、19:30~の出演です。
ギターサポート奥野裕介さんとの二人編成です。

ご予約はこちらからどうぞ


大きな地図で見る

スポンサーサイト
  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
重 要 な お し ら せ :: 2011/08/20(Sat)

大変重要なおしらせです。


わたくし、うっかり、自分のホームページのドメイン更新を忘れてしまって、

今現在、ホームページ&メール&ライブ予約フォームなどすべての機能が停止しております。


2011年8月19日以降、info@cana..meまで送っていただいたメールは、一切届いていない状況です。

ごめんなさい!

そして、このアドレスはもう使えなくなります。

http://cana.me のURLも無効です。


今、ライブ予約フォームは急いで直しました。

来月の恵比寿天窓Switchの予約、受付開始です。

自動返信がようやくできるようになったので、お試しくださいな。

ご予約はこちらからどうぞ


新しいドメイン取得しますので、もう少々お待ちください。

緊急の用事がある方は、Twitter・mixiでご連絡下さいませ。

お手数をおかけしてすみません。


データなど、パソコンアドレスでのやり取り必要な方もご一報下さい。


これを機に、いろいろと整理しようかと思っています。

ブログも、新しくしようかな。

最近、パソコンに向かえる時間が減ったので、絞らないとと思っています。

その分、密度濃くしていきたいので。


どうぞよろしくお願いします。




松本佳奈



  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
今日は池ノ上ruinaで、発散!ストレスNight! :: 2011/08/20(Sat)

ついにこの日がやってきました。
池ノ上ruinaで、昨年の6月から続けてきたこの企画も、今回で最後になります。
8月一杯でruinaが閉店してしまうからです。

私にとって、ruinaはホームでした。
なくなってしまうのは、本当に寂しいです。

最後の発散Night!、盛大にやります。

今回のテーマは『祭り』!!
浴衣着ます。
やきそば、フランクフルト、ラムネなど…おいしいごはんあります。(もちろん手作りしますよー)
豪華商品?が当たるくじ引きも。

とにかく楽しい企画をたくさん用意してお待ちしています。


■8/20(土)
『発散!ストレスNight vol.9 納涼浴衣SP』
@池ノ上 ruina
open19:00 start19:30
2,000+1order

久々、松本佳奈・Sai・タキモティこと滝本亜由美の三人でお送り致します。


※ストレス発散Night!とは?
天然記念物シンガーソングライターSaiちゃん。
森の精霊 タキモティこと滝本亜由美、
そして私、松本佳奈がレギュラーメンバーで、毎回ゲストを呼んでライブ&トークする
『グータン』的な女子トークナイト。

<池ノ上 ruinaへのアクセス>
東京都世田谷区代沢2丁目45-9飛田ビルB1F右

池ノ上ruinaは、京王井の頭線で渋谷から3つ。 下北沢のお隣です。
(急行停まらないのでお気をつけあそばせ。 )
改札出て右奥のエレベーター降りた目の前のビル地下1階、右のお店です。


Saiちゃんと会うの久しぶりだー

Sai『melt』


  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
8/7 陸前高田うごく七夕まつりに行ってきました② :: 2011/08/11(Thu)

七夕の動画が少しずつYouTubeなどにアップされてきています。


前回のブログで紹介したハルさんも、ツイキャスでお祭りの模様を配信して下さっていました。
ハルさんのツイキャスはこちらから
遡るとライブ映像も見れます。
ハルさん、ありがとうございます!

お馴染み、ギターサポートで入ってくれた奥野さんが撮ってくれた写真です。
ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-校庭に山車
まだお祭りが始まる前、早朝の高田小学校校庭。
前夜祭で街中を練り歩いてきた山車たちが静かに座っていました。
空は澄み渡り、カラリとした暑さ。
祭りの前の静けさです。

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-華やかな山車と子供
登りたくなるよね。

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-愛
「愛」「出会い」「絆」などの言葉が書かれています。

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-わいわい
お祭りが始まるとすごい数の人たちが。

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-賑わう屋台
屋台では、全国各地からボランティアで集まった炊き出し部隊が腕を揮っていました。
ステーキ、ラーメン(世田谷にあるラーメン屋さんが出張してきていました)、カレー、焼き鳥、綿菓子、カキ氷…
代金は決まっておらず、0円からOK。
各自、「ありがとう」の気持ちを募金箱に入れる…という形。

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-あっちもこっちも行列
どこもかしこも大行列!

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-よーいよい
よーいよい!

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-みんなで
みんなボランティアスタッフとして参加している。
「志は同じです、一緒にお祭りを盛り上げましょう!」

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-はしもっちゃんが目を瞑っていた
集合写真!

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-もう一度!
もう一枚!

ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-何の場面?
何の場面か思い出せませんが…和気藹々。

お祭りが開催できたことへの喜びが溢れていた高田小学校でした。



レポート③へつづく。

  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
8/7 陸前高田うごく七夕まつりに行ってきました① :: 2011/08/09(Tue)

8/6(土)の夜9時半頃、東京・代々木を出発。

ナビで調べると、東京から岩手・陸前高田まで約9時間かかるとでた。

おおっ そんなにかかるのね。

車で行くのは初めて。

ちなみに、自分で運転して行こうかと思っていたのですが、

「歌う人が運転して疲れていたら、いいステージができないよ」と、仲間達が運転を引き受けてくれました。

みんな、ありがとう…。


工事渋滞が懸念されていましたが、深夜の東北道はスイスイでした。

3時半頃、かなり早く岩手・一ノ関に到着。


ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog

ちなみに岩手の詳しい地図はこんな感じです。(詳しくはこちらのページに載っています)


一ノ関から陸前高田までは約2時間。

このままでは朝5時に着いてしまう。

(予定では、休憩を入れつつ朝7時半頃に陸前高田着、少し市内を回り、9時半からリハーサル…といった感じでした)

ということで、1時間ほど仮眠。

ガストで朝ごはんを食べて、5時くらいに一ノ関を出発。

山を越えると陸前高田です。


空がとっても綺麗。

カラリと晴れてお祭り日和。
ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-110807_070446.jpg
先月行った時はプレハブだったローソンがすっかり建て直され、店舗として復活していて驚きました。

ローソンのお隣には、津波で流されてしまったスーパーMAIYAがリニューアルオープン。

こちらはプレハブですが、ATMやクリーニング屋さん、auショップ、お土産屋さん、そして塾(!)まで入っていました。

勉強に対する気持ちも変わるよね。


市内をぐるりと回り、8時過ぎにうごく七夕まつり会場である高田小学校へ到着。

この小学校は海から約1.8kmほど離れていましたが、それでも一階部分に津波が押し寄せたそうです。

子供達は最初グラウンドに避難していたけれど、二階に移動して全員無事だったそう。よかった!


校庭には、6日の前夜祭で市内を練り歩いた色鮮やかな山車たちが。

(写真は後ほど)

そしてたくさんのテントが建てられ、飲食店やフリーマーケットが着々と用意されていきます。



ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-110807_162107.jpg

あるテントでは、先月、高田高校第二グラウンドにできた仮設住宅で歌った時の記録を、現地のみーさんこと佐々木光仁さんがコルクボードにまとめて紹介してくれていました。

みーさん、ありがとう!


ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-110807_1456281.jpg
うごく七夕まつり、ボランティアスタッフの皆さんと。

ボランティアは、陸前高田の市内から参加している方、地方(埼玉や東京が多いみたい)から参加している方など、様々でした。


ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-110807_1524071.jpg

ボランティアで参加されている方の中には、不思議な縁でつながる方も。

こちらは出渕晴彦さん。(通称ハルさん)

casual comfortの頃に一度対バンしたことがある、ギタリスト兼シンガーソングライター兼映像制作会社の代表取締役さん。

岩手・山田町の支援などを個人的に行っていて、扇風機や街頭100台以上を集めて寄付されているなど、ほんとうにエネルギー溢れる方です。

今回は、うごく七夕を撮影するボランティアスタッフとして現地入りされていました。


ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-110807_1526511.jpg
こちらはハルさんの後輩で、カメラマンの長野さん。お初でした。




お祭りって、最終的にお客さん・運営側という線引きはいらないんだなって思いました。

熱いエネルギーが満ち満ちて、全員が何か見えないものに突き動かされているような一体感。


陸前高田うごく七夕まつりでは、あの場に居た一人一人がお祭りを作り上げていました。

「よーいよい!」

掛け声と、太鼓の音。

どうして太鼓の音を聞いただけで、こんなにも泣きそうになるんだろうか。



レポート②につづく



  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ピンクスーツケース現象 :: 2011/08/05(Fri)


ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-110804_034152.jpg

タキモちゃんに作ってもらっていたレースのイヤリングが郵送で届いた。

音符やビーズがちりばめられていて、ほんとうに繊細で美しいです。

ありがとう。





「ピンクスーツケース現象」という言葉をどこで聞いたのか、全く思い出せない。

googleで調べてみたけど出てこない。


意味はこういうことだった気がする。

例えばあなたがピンク色のスーツケースを買ったとする。

それまでは、空港や街中でピンクのスーツケースを持つ人なんて見たことがなかったのに、

自分が買った途端、「あれ?あの人も、あの人も、ピンクのスーツケースを持っている…」と、

意外とたくさんの人がピンクのスーツケースを持っていることに気付く。


人は、自分が持っているものしか見えないそうです。


車や、携帯電話で例えるとわかりやすいかな。

自分と同じ車、自分と同じ機種の携帯はやたら目に入るでしょう。

それらは急に増えたわけではなくて、もともとあったのだけど、見えていなかっただけ。


見えていないものは、自分にとって存在しないのと一緒。

だけどそれらは確実に存在している。

自分が手に入れたときに、見え始める。


これってそのまま、人の成長の過程を表している気がします。

自分が体験すると、見えてくるんだよね。



なんでこの話をしたかったかというと、

今、原発のこと、地震のこと、色んな情報がネット上を飛び交っていて、

知識のない一般人の私達は、何を信じたらいいのかわからくなっている。

「原発推進」の人は、「原発推進」の意見ばかりが目に入る。

「脱原発」の人は、「脱原発」の意見ばかりが目に入る。

そして、「あぁ、やっぱり私は多数派なんだ」と安心するんじゃないかな、と、ふと思ったから。


人は自分が持っているものしか見えない。

自分にとって都合の良いものしか見えない。


ほんとうにそうだなぁと、思う。


だから正直、私は今、何が正しいのかわからないけど、

原発20km圏内の写真を見て、牛や豚や犬や猫がウジにまみれて死んでいるのを見て、

きっと写真に写っていないけれど、もっと悲惨なことが現実には起きていて、

そんな犠牲を払ってでも、たくさん電気を使って便利な生活をしたいですなんて言えない。





二度と自分の家に戻れない子供達が「原発をなくしたい」と言い出したら、

頭のいい大人たちは

「そんなことをしたら経済が回らなくなる。お前達は知識がないからそんなことが言えるんだ。」

と、その子たちに面と向かって言えるんだろか。






  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
8/7(日)岩手・陸前高田『うごく七夕まつり』に出演します :: 2011/08/03(Wed)

今週末、岩手・陸前高田では伝統行事『うごく七夕まつり』が行われます。

昨年のうごく七夕まつりの模様がYouTubeに上がっていたので紹介させていただきます。


* * * * * * * * *

復興 陸前高田 うごく七夕まつり

平成23年3月11日、東日本大震災。
この日、岩手県の南三陸・風光明媚な陸前高田市にも大きな津波が襲った。
この街の中心部・高田町は、
瞬く間に市街地全体が大津波に襲われ壊滅的な被害を受けた。
あの風情豊かな街並みも町の人たちの姿もあっという間に姿を消した。
誰もが信じられない、悪夢であった。


震災直後は、自宅を失くし、身の回りの家族・親戚・友人を皆が亡くし、想像を絶する悲嘆にくれていた。
しかし、瓦礫の町を巡ると当たり前なのにどこか懐かしい七夕まつりの山車が発見された。
太鼓もみつかった。
こんなニュースは悲嘆にくれていた街の若い衆の心に火をつけた。

毎年8月7日、
12台の華やかな山車が、豪快なお囃子を鳴らしながら街中を練り歩くうごく七夕が行われていた。
その日まで、高田っ子は山車作りに汗をかき、囃子の練習に力をこめ、
それが地域のみんなの「絆」を自然と結んでいた。
高田っ子にには生きがいであった。
山車がみつかり、皆の心の底は湧き上がった。

まつりをまたやろう…と。

街も瓦礫だけが残り、多くの仲間も失ったが、皆の絆は失はれてはいなかった。
街全体で楽しみ、死者を弔うことが原点だったこのまつり。
子どもに夢を与え、犠牲者を弔い、そして受け継いだ伝統をつないでいく。
それは、きっと亡くなった仲間、先人の願いでもある気がしてならない。

マイナスからの出発ではあるが、前を向こう、今までの元気を取り戻そう。
そんな思いが、祭衆の心を大きく動かした。
高田の原点に立ち返り、また祭を通して再起をめざそうじゃないか!!

陸前高田 うごく七夕まつり公式HPより


* * * * * * * * * * *


■陸前高田際「うごく七夕」前夜祭タイムテーブル
2011年8月6日(土曜日)
TIME ACTION
14:00~ 開場
14:50~ Miss Monday
15:50~ Moo-Tala's
17:00~ 後藤正文(from ASIAN KUNG-FU GENERATION)
18:00~ 山車&迎え火
19:00~ YAOAO
20:00~ 前夜祭終了


■陸前高田際「うごく七夕」本祭タイムテーブル
2011年8月7日(日曜日)
TIME ACTION
11:00~ 開場
11:30~ AUN
12:20~ Hawaiian
13:30~ 松本佳奈
16:00~ 各団体七夕囃子演奏
20:00~ 本祭終了


また、体全体で吸収して、感じて、持って帰ってきます。





  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
キャンドルナイト、ありがとう~~~! :: 2011/08/01(Mon)

キャンドルナイト、終わった~~~~~!


ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog


足を運んでくださったお客様、ありがとうございました。

スタッフのみんな、ありがとう。


反省点は多々あります。

それは毎年あります。

今年は、確実に昨年の反省を生かすことができました。

それは、きちんと意見をくれたお客さん、一緒に対策を考えて実践してくれたスタッフのおかげです。

ほんとうにありがとう。


年単位で、一歩ずつ。



講演やライブでは、寝転がりながらとはいかなかったものの、

みんな座ってリラックスして聞いてもらえたのがよかったなぁと思います。

(私としては、もっと、寝たいときは寝ながら、自由に聴いてもらいたいけどね)

アンケートと鉛筆を、テーブルの上にも置いておけばよかったな。

それも来年に生かします。


キャンドルナイトについては、キラキラ西東京キャンドルナイトブログ でも記事書いてます。


まだまだ書きたいこといっぱいなのですが、取り急ぎお礼まで。



セットリスト

1. たなばたさま~愛のパレード

2. ばかみたい

3. おいしい晩ごはん

4. 昼下がり、旅に出る

5. ハリネズミ(アンコールありがとうございました!)




昨日は夕方まで寝てしまったので、ツイッターもmixiもメッセージも何も返せずでごめんなさい。

夜は、一日遅れの母の誕生日祝いで、半年以上ぶりに寺尾ちゃんも含め家族三人でごはんたべてきました。


キャンドルナイトで、「家族でごはんをたべれるというのが豊かさだ」と自分で言いましたが、

ほんとうにそうだなぁと。




私は、今の自分の家族の状態が『自然』だと思っていたんだけど、ちょっと変わってきたのかもしれない。


前にも書いたけど、今、私は実家が二軒ある。

ひとつは生まれてから高校卒業まで住んでいた家。今は母が一人で住んでいる。

もうひとつは五年くらい前に母が寺尾ちゃんと再婚したときに建てた家。こっちには寺尾ちゃんと私が住んでいる。

駅三つくらい離れて、その二軒はある。


「再婚したのにどうして別々に暮らしているの?」とよく聞かれる。

うーん。色々理由はあるんだけど、簡単に言ってしまえば、恋愛感情があって再婚したわけではないから かな。

もちろん、人間同士として合うから結婚したんだけど。

「いつも一緒にいたい!」というわけではないということ。

二人とも自分のペースがあり、それが最優先。

私は、それはすごく良いことだと思う。

誰も無理をしていない状態だから。



私が二年前に東京から千葉に帰ってきたとき、あまりにも荷物が多すぎてもと住んでいた家には入りきらないから、仕方なく新しく建てた家のほうに荷物を置き、住むことになった。

その頃、私はまだ寺尾ちゃんのことをよく知らなかった。

よく知らないおじさんと二人で暮らすなんて考えただけでストレスだった。

私は千葉に居つかず、結局キャリーケースをごろごろさせながら東京の友達の家を転々とした。


けれど一年前の夏、ついに千葉でちゃんと暮らす覚悟をする。

もう、人に甘えて生きるのはやめたかった。

19歳の時、音楽事務所の詐欺に遭って抱えてしまった借金からも目を逸らさずに、千葉で仕事を見つけて返していこうと決めた。


そこを直視しない限りは、いつまで経っても音楽が成長しないことも、感じていた。



実際住んでみたら、寺尾ちゃんはのーんびり生きている自由なおじいちゃんみたいな人で、とっても暮らしやすかった。

ルームシェアしている感覚。

たまに母が犬の散歩をしに来たりする。


家族が揃う時はほとんどなく、それぞれが自分の時間の中で暮らしている。

それでいいと本気で思っていた。


けれど最近、「あぁ、たまには家族でごはんを食べたいなぁ」と思う時があった。

岩手に行ったこととか話したいなぁと思いながら、一人でごはんをたべていた。

私は、寂しかったんだと思う。

忙しさで考えないようにしていたけど、私は寂しかった。


だから、家族以外のところに、家族を求めていた。

ライブもキャンドルナイトも、そうだったんだ。


でも、今、そこを越える時期が来たんだと思う。

自分以外の人たちに、ほんとうに楽しんでもらいたい。

そのためにはどうしたらいいだろう?と考えて、人に相談するようになった。

もちろん以前からこういう気持ちは持っていたけど、ひとつ深いところに来た気がする。



昨日、寺尾ちゃんと母をごはんに誘った。

私が車を運転していった。

寺尾ちゃんはビールと泡盛を飲んでいい感じに酔っ払い、なんだか話も盛り上がった。


帰り、母が暮らす家の前に着き、

「じゃあね、おやすみ」

と、寺尾ちゃんと私で母を見送ろうとした。

けれど母はなんだか車から降りたくないようだった。

このとき、私も含めて家族全員が、別々に暮らしていることに初めて違和感を感じたんだと思う。


これは、私にとって(もしかしたら母や寺尾ちゃんにとっても)、すごくすごく、大きなことだった。

これから少しずつ、変わっていくのかもしれない。



長くなりましたが、

こんなことがあった、キャンドルナイト翌日でした。



私に関わってくれているすべての人たちに、感謝。ありがとう。






  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。