木更津のピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈の、波瀾万丈な日常。

海とあさりとブルーベリーの町、千葉県木更津市のご当地ゆるキャラ目指してます。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
8/1下北沢SEED SHIPでの出会い :: 2014/08/11(Mon)

【8/1下北沢SEED SHIPでの出会い】

こんばんは、松本佳奈です。

IMG_5097.jpg
夏はソーミンチャンプルーばかり作って食べてます。
簡単で美味しい。
味付けはツナと出汁だけ。


8/1は下北沢SEED SHIPにて唄子さんバースデーでやんした。
とは言っても、唄子さんとは初対面。
「佳奈ちゃんは絶対に唄子さん好きだと思う!」という、SEED SHIP店主の土屋さんによる熱いゴリ押しによって決まったブッキングでございました(笑)

共演の記憶のソーダさん、広島綾子さんとも初共演。
皆さん歌声の周波数が心地よい…。
そして本日の主役・唄子さんの声はもはや人間ではなくて、森のざわめきとか川のせせらぎとか、そういう類いの音に聴こえました。山の精霊がいたならこんな声なのかもしれないです。素晴らしかった。

8/1 セットリスト
1、あの陽だまりは瞼の裏
2、種を蒔く、何もない場所に
3、ばかみたい
4、マザコン
5、ファイト!(中島みゆきさんカバー)
6、Strings
7、パラダイムシフト

出演時間35分だったのに詰めすぎた…反省…。
しかし最近『あの陽だまりは瞼の裏』を好きと言ってくれる方が多くて嬉しいです。
すごく個人的なことを書いた歌だから、共感してもらえるのか不安だったので…
思えばこの曲の初披露はSEED SHIPだったなぁ。

音楽と記憶は対になっている。
テレビでなんとなく流れていたCMの曲も、その当時の記憶と一緒にふと思い出すことがある。
思い出したいから思い出しているわけじゃなくて、それは「条件反射」なんだよなぁ。
自動的に思い出す。
思い出したくないことも思い出す。

私は音楽を聴いていると次から次へと記憶が甦ってきて何も手に付かなくなるので、普段ほとんど音楽を聴きません。「聴くぞ!」と思わないと、聴けない。それくらい音楽には、記憶を引っ張り出してくる強烈な力があるなぁと思います。


「あの陽だまりは瞼の裏」は、人によっては聴くのが辛いのかもしれない。
辛い時には無理して聴かなくていいんです。
もし必要な時が来たら、どうぞ。


IMG_5092.jpg
足を運んで下さった皆さん、ありがとうございました!

スポンサーサイト


  1. ライブレポート
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<8/2、3は木更津のスーパー富分夏祭り! | top | 7/29木更津ハルヤ。ここから怒濤の日々。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsumotokana.blog.fc2.com/tb.php/1494-0f3e8363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。