木更津のピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈の、波瀾万丈な日常。

海とあさりとブルーベリーの町、千葉県木更津市のご当地ゆるキャラ目指してます。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
満員電車で口説く男 :: 2008/07/10(Thu)

今まで体験したことが無いような、
命の危機を感じるくらいの満員電車を体験した。
ぎゅうぎゅうというか、
内臓圧迫されて体壊すかも、くらいの。

私はちょうど、角に押し込められた。
そこに、なんとそんな状況の中、立ったまま寝ている女性がいた。
驚くほど無防備。
しかも起きない。

はっきり言って、
痴漢してください、と言わんばかりの無防備さだった。

ふと、一人のサラリーマンが彼女の肩を抱いた。
そして、押し合いから彼女を守るように、壁に手をつき支えていた。

電車が走り始めてしばらくすると、彼女が目を覚ました。
「あ…(サラリーマンに気付いて)すみません」
「いいんですよ、寝ていてください」
「…すみません」

そして彼女は彼に身を委ねて、再び眠りに付いた。
彼は彼女をきつく抱きしめた。





…って、おい!







でも、もし電車で寝てしまって、目が覚めた時に見知らぬ男の人に抱きしめられていたら…。とりあえず知らないふりをして寝続けて、次の駅に着いたら即降りて別の車両に移る…というのが、現実的な対応かなぁ。
最近、痴漢を摘発した女性が、逆ギレした痴漢にホームから突き落とされて骨折する事件などもあったので、痴漢されても我慢してしまう女性が増えるんじゃないかなと思う。護身術を習うとか、露出度の高い服を着て電車に乗らないとか(夏は特に、一枚羽織るなど)女性が考えていかなきゃいけない。それでも被害に遭う人は絶えないだろう。
駅構内に「ちかんに注意」の張り紙がこんなに貼られている国は、日本だけなんじゃないか?海外に行ったことないから確かめたわけじゃないけど。張り紙が貼ってあることも、女性専用車両があることも、恥ずかしいことだ。
そこまでしなきゃ防げないのか…。
そこまでしても防げていない。


今回のサラリーマンは本当に善意で、彼女を庇ってあげようと行動したみたいだったけど(わからん。触ってたかもしれないけどね) なんか、いい気分はしなかったな。そのまま寝続けて、車両変えようともしなかった彼女もわからんが。

スポンサーサイト


  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<痴漢 続編 | top | 曇り空と紫外線>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsumotokana.blog.fc2.com/tb.php/3-7b52ccf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。