木更津のピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈の、波瀾万丈な日常。

海とあさりとブルーベリーの町、千葉県木更津市のご当地ゆるキャラ目指してます。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
本屋 :: 2008/08/09(Sat)

暇さえあれば本屋に入り浸っている。

たくさんの本屋に行く。

BGMや陳列や、人の混み具合も様々。

それぞれに特徴があってとてもおもしろい。


私は著者名やタイトル、出版社ではなく、「どの本屋のどの棚にあるか」で読みたい本を記憶しているので、目をつけていた本を探しに行ったとき、本棚の配列が変わっているともう探せなくなってしまう。


読みたい本はその場で買い、その日のうちに読むのがいちばん良い。



国分寺の駅前の本屋で本を買った時のこと。

「カバーをおかけしましょうか?」

「はい、お願いします」

私がそう答えると、既存のカバーではなく、その場で紙を切って作ってくれた。しかもその手際の良さったら。思わず見入ってしまった。古い、小さな本屋さんで、BGMはなく、図書館のように静か。何年も前からこうしてここに存在するんだろうな。


家の近くのチェーン店で本を買ったとき、その本は文庫より少し大きいサイズで、合うカバーが無かった。


国分寺のあの本屋さんだったら、どんなサイズのカバーも作れるんだろうなぁ と、ふと考えてしまった。


だからと言って、本を買うたびに国分寺まで足を運ぶわけではないが(家からは少し遠いし)、

「また行きたいな」と思う。



スポンサーサイト


  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<五輪 | top | カマキリ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsumotokana.blog.fc2.com/tb.php/33-01c39386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。