木更津のピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈の、波瀾万丈な日常。

海とあさりとブルーベリーの町、千葉県木更津市のご当地ゆるキャラ目指してます。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
ハリネズミを洗う :: 2010/11/10(Wed)

前々回のブログで『ハリネズミ』の歌詞を載せましたが…
意外にも『ハリネズミ』を好きと言ってくれる方が多いんだなぁと再確認。みんなありがとう。
この曲は6年前、19歳の頃に作り、casual comfortの頃から大事に歌ってきた思い入れのある曲なのですが、「早口すぎて歌詞が聞き取れないんじゃないか…」とずっと気になっていたので、ブログに歌詞を載せてみたわけなのでした。

ライブ中のMCではよく話していますが、この曲は大学時代の友人とのやり取りの中からできたものです。
「あの子、嫌い」
「この子は好き」
「あの本は嫌い」
「この本は好き」
と、好き嫌いがはっきりしている友達がいました。
好き嫌いがはっきりしているのはいいのですが、例えば私が、
「私はこれが好き」と言うと、
「え、なんで好きなの?私は大嫌い」
と、まるで私がそれを好きなことが間違っているかのような言い方をする彼女。
自分が好きなものを否定されると怒るのに、他人が好きなものは否定する。
それってどうしてだろうと考えていた時、ハリネズミというお話が生まれました。そこから曲も生まれました。



-----


ハリネズミは、「お前なんか嫌いだ」と口に出すと、
なんだか自分が強くなった気がしました。
みんな嫌われるのを怖がって、ハリネズミの傍に近付かなくなりました。
ハリネズミに好かれようとして寄ってくるコウモリ達もいましたが、コウモリたちはぺらぺらとおべっかを使い、けらけら笑うだけで、決してこころは見せませんでした。

夜になり、ひとりになると、小さなハリネズミの両の瞳から、なぜだかぽろぽろ涙がこぼれるのでした。



-----


昨年の9月のアルカフェではパーカッションのゆうさんに入ってもらったり。




そして、本物のハリネズミについてですが、
仲良し音楽仲間のcirom:さんから、「ハリネズミを洗うっていう動画がかなり可愛かったよ」とおしえてもらい、早速見てみました。これです。

まるまる。

スポンサーサイト


  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ここ数日の色々と、明日の多摩センターライブのおしらせ | top | 今日、11/10は大久保『真昼の月 夜の太陽』で歌います>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsumotokana.blog.fc2.com/tb.php/728-11244956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。