木更津のピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈の、波瀾万丈な日常。

海とあさりとブルーベリーの町、千葉県木更津市のご当地ゆるキャラ目指してます。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
11/23(火)ストレス発散Night!ライブレポート :: 2010/11/25(Thu)

池ノ上ruinaでの『ストレス発散Night! vol.5』、来て下さった皆さま、ありがとうございました。
都内でたくさんの音楽ライブが開催される中、この、まったりトークライブを選んで下さった皆さんに感謝。
今回はゲストなし、Saiちゃんと私でたっぷり歌って喋り倒しました。

トークのお題は『あなたの忘れられない物語』。
小説や映画などなど、あなたの心に残っている作品のあらすじを紹介してください、というもの。
この質問に、頭を抱えるお客さんたち。
…そうですよね、あの短い記入時間であらすじを紹介してくれだなんて、無茶振りでしたね…。
でもなんとか皆さん書いてくれました。
Twitterからも何通か参加がありました!ありがとう。

ここで、皆さんがおしえて下さった作品を紹介します。


・ハリーポッターシリーズ
言わずと知れた『ハリー・ポッターシリーズ』(Harry Potter Series)は、イギリスの作家J・K・ローリングによるファンタジー小説。映画化もされている。
20世紀末のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、
ハリーの父母を殺害した当人でもある、世界の支配を企む強大な闇の魔法使いヴォルデモートとハリーとの戦いを描いた物語。(Wikipediaより)

・映画『2001年 宇宙の旅』 
人類の進化にはモノリス(クリスタルのような、直立した長方形の岩)が関わっていたということを主題にして、巨大なモノリスが現代の木星の軌道上に現れ、そこに主人公達が宇宙船で向かう。
最後にボーマン船長がスターチャイルド(赤ん坊)になるというSF。
とのこと。(アンケートより)

淀川さんの解説を見つけました!!懐かしい。

・韓国映画『ラブ・ストーリー』
母が出掛けて誰もいなくなった部屋で娘が、父から母へ宛てた手紙を見つけ、読むところからストーリーは始まります。両親が出会ったのは戦争前で、貧富の差とか色んな困難があったり、恋愛エピソードがありつつ、
現代の娘の恋愛にも関係があったり…かなり泣ける映画でした。(アンケートより)


・映画『トップガン』
トム・クルーズ主演の戦闘機乗りの映画ですが、バイクで気持ちよく走っている姿を見て私もバイクに興味を持ち始めました。(当時、戦闘機にはあんまり興味は持てなかった…)
あらすじとしては、勝気な若手パイロットが友人の死(飛行中の事故)を乗り越えていく感じの話です。
(アンケートより)

私が気になっていたこの曲のタイトルは、『Take My Breath Away』でした!

・映画などではありませんが、北海道の道東の根室に住んでいた頃見た、丹頂鶴の美しさが忘れられません。


・映画『ニューシネマパラダイス』
小さな町の、少年と映画技師とのふれあいの物語。人前では感極まってあらすじを話せません。(アンケートより)
…とのことなので、皆さま、ぜひ借りて観てみましょう。


・本・作家『柳田邦男さん』
ガンになった精神科医の物語。(闘病記)
たくさんの著書がありますがどれも素晴らしいです。(アンケートより)

・唄『キヨシローさんの曲!』(アンケートより)
忌野清志郎さん、私も大好きです。
では、私が大好きなインタビューを、どうぞ。



Twitterから送ってもらったおすすめも紹介。
・自主制作短編映画 youtubeにアップされているネズミさんとチーズさんのお話。最後バターになっちゃうやつ。(Twitterより)

これですね。
私も全部見て泣きました…。


以下二つは残念ながら参加できなかったタキモティより。
・手ぶくろ買いに行く子ぎつねのやつ。子ぎつねが可愛すぎて子供ながら萌えた。
『手袋を買いに』
雪の朝、表を走り回って帰ってきた子狐の冷え切った手を握りながら、母さん狐は手袋を買ってやろうと思いついた。
夜になって町に出かける途中で、母さん狐は子狐の片手を握って人間の子供の手に変えた。
そして子狐に、町の帽子屋へ行って戸を少しだけ開けたら、人間の方の手を出して「手袋をください」と言うように、と教えた。間違って狐の手を出してしまうとひどい目に遭うからと。
子狐は町に着くと帽子屋を見つけ戸を叩いた。帽子屋が戸を開けた拍子に差し込んだ光がまぶしくて、子狐はつい狐の方の手を出して、「手袋をください」と言ってしまった。
帽子屋は、狐だなと思ったけれども出されたお金が本物であることを確認すると黙って手袋を渡してやった。
帰り道、家の中から聞こえる子守歌を聴きながら帰った子狐は母さん狐に「人間ってちっとも恐かない」と、間違った手を出したけれど帽子屋は手袋を売ってくれたことを話した。
母さん狐はあきれながら、「ほんとうに人間はいいものかしら」とつぶやいて物語は終わる。
Wikipediaより)


・虎が何匹か何かの周りをグルグル回ってたらバターになっちゃった話。
『ちびくろさんぼ』
両親から新しい靴・上着・ズボン・傘をもらったサンボは、竹藪に出かける。
しかし通りかかったトラたちに喰われそうになり、身に着けたものを一つずつ与えることで許してもらう。サンボは裸にされ、号泣する。
一方トラたちは、戦利品を奪い合って木の周りをぐるぐる回りはじめる。その間にサンボは、与えたものをすべて取り返すことに成功する。トラたちは最終的に溶けてギー(インドのバター)になってしまう。サンボ一家はそのギーでパンケーキを焼く。マンボは27枚、ジャンボは55枚、サンボは169枚食べた。(Wikipediaより)



とっても長いブログになってしまった…
分ければよかった…
次回からは小分けにします。
皆さま、アンケートのご協力ありがとうございました!

<セットリスト>
1.愛のパレード
2.How was your day?
3.赤鼻のトナカイ~あわてんぼうのサンタクロース
4.サンタが街にやってくる
5.dula-dula
6.WILL(ex.Sai)

Saiちゃんの曲、WILLに挑戦しました。
身近な人の曲をカヴァーするって、難しいけど、発見があっておもしろい。
歌い手によって曲の解釈が変わってくる。
それによって、曲の印象もがらりと変わる。
また次回も交換してみたいと思います!
スポンサーサイト


  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ホームページ用の写真撮影してきました | top | 原田知世さん『くちなしの丘』>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsumotokana.blog.fc2.com/tb.php/734-1b212fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。