木更津のピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈の、波瀾万丈な日常。

海とあさりとブルーベリーの町、千葉県木更津市のご当地ゆるキャラ目指してます。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
また髪切りました。7月も岩手に行きます。 :: 2011/06/28(Tue)

半年ぶりに色を入れました。

久々すぎて、ちょっと違和感。

黒髪に慣れすぎました。

ちょっと楽しんだらまた暗めに戻します。


ピアノ弾き語りシンガーソングライター松本佳奈のblog-110628_004642.jpg


襟足はとことん短く。

前髪ももっと切ればよかったかな。

しばらくはショートが続きそうです。



蒸し暑くてじっとり、寝つきが悪い夜が続きます。

だけど毎日8時間以上寝るようにしている。

運動もしてる。ヨガ。

体力をつけておかないと、暑さにやられてしまう。


少しの間、身辺穏やかだったんだけど、また波が来そう。

6月は眠りの月。

7月に備える月だったみたい。


しばらく落ち着いていた問題とまた向き合うことになりそうです。

それは、違いを受け入れること。

自分と異なるものを遠ざけるのではなく、折り合いをつけて共存していくこと。


なぜこう思ったかと言うと、私に近い人たちが皆同じような壁にぶつかり始めたから。

「親に意見を押し付けられる」

「意見の合わない人と仕事をしなくてはいけない」

「宗教観の違いが明るみになる」

「仲間だと思っていた人に裏切られる」

例えばこんなこと。


それぞれ見ている世界が違うから、食い違うのは当たり前。

そこをどうやって乗り越えるか。


関わらないと決めるのか、我慢するのか、話し合うのか。

話し合うならどんな言葉を選べばいいのか。


そういったことを深く深く考える時期がまたやってきたみたいです。

去年も同じ壁がやってきて、その時の私は「関わらない」ことを選んだ。

だけど今は気持ちがだいぶ変わった。

生活の基盤ができたからかな。

我慢するでもなく、拒絶するでもなく、折り合いをつけていける気がしている。



「自分の目の前に起こる出来事は、自分の内側にあるものを映しているの。」

昨年、大切な友達がそれをおしえてくれました。




千葉で暮らし始めて一年。

自分の生活に責任を持つということがなによりも大切なことなんだと実感している。

お金のことはもちろん、何をたべるか、何を着るか、使うものすべてをどういう基準で選ぶか など。

その一つ一つの選択が暮らしをつくっていくんだなぁって、当たり前のことだけどやっと理解できた。


ここにきてやっと、無理をせずに人と関われるようになった。

まだまだ解決しなきゃいけないことはあるけどね。

ここからだ。



私を辛抱強く見守り続け、気付かせてくれた人達に心からお礼を。ありがとうございます。

これからもよろしくね。





7月15日、ふたたび岩手に行ってきます。

救援物資・募金を集めて現地に持って行こうと思っているので、詳細決まったらお知らせします。

協力してもらえたら嬉しいです。




スポンサーサイト


  1. 日々のつれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<大宮・道山閣ライブのお礼と似顔絵 | top | 19歳からの人生をダイジェストでツイートしました>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matsumotokana.blog.fc2.com/tb.php/813-f993f4b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。